Damien Hirst

1965年、イギリス生まれ。
21世紀に最も重要とされる世界的アーティストの1人。生と死の関係性をテーマに、巨大なガラスケースや死んだ動物、薬品瓶などを使用した作品を制作。白いキャンバスにカラフルな色の斑点を規則的に配する"スポット・ペインティング"も描いており、人間が「死」に対抗する象徴としての「錠剤(ピル)」を表現している。


このアーティストをシェアする