岡本奇太郎

1980年、兵庫県生まれ。
出版社勤務を経て、現在フリーランスでの執筆活動のほかに、アナログコラージュの技法で作品を制作。現在、雑誌「小説推理」(双葉社)で「芸術超人カタログ」を連載中。 既存のイメージを切り取り、組み合わせ、貼るというアナログコラージュの技法で作品制作をする岡本は、古雑誌やチラシなど、大量に氾濫する印刷物の中にその図像を求める。サブカルチャー雑誌の編集者やライターとして身を置くことで涵養された岡本の心理により、それらのイメージたちは改変、編集され、新たなアイコンとして我々の前に提示される。


このアーティストをシェアする