小林健太 / Don Quijote, #smudge

  • ¥286,554
    単価 あたり 

配送料の目安はこちら


アーティスト:小林健太

タイトル  :Don Quijote, #smudge

制作年   :2016年

素材    :inkjet

サイズ   :50 × 74 cm (Image)

エディション:3/5

額装    :あり

※この作品には額縁が付属されています。

※ご注文後、約1ヶ月後のお届けになります。

※作品は税込価格です。 

 

 

 


「指先ツール」(smudge)を用いて、イメージの一部を引きのばす方法は、小林が多用する手法うちのひとつ。
量販店のロゴの一部が抽象化され、その記号性は崩れているが、同時にこの部分には、マウスの動かすアーティストの身体性の痕跡、グラフィティにおけるサインやタグとも言える作家性が刻まれている。小林にとって、イメージ全体のノリを掴むように、身体をつかって写真を編集することは、写真によって世界を接触可能なものにすることであるとも言える。

 

アーティストページはこちら


アーティスト情報

小林健太

小林健太

1992年神奈川県生まれ。東京と湘南を拠点に活動。
友人のポートレート、旅先、常に変化をつづける東京の姿といった自身の日常を撮影後、画像加工ソフトで編集し、写真、映像、パフォーマンス作品として発表。写真というメディアの拡張を試みている。
主な個展に「Live in FluctuationsLittle Big Man Gallery(ロサンゼルス、2020年)、「The Magician’s Nephewrin art association(高崎、2019年)、主なグループ展に「ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて」水戸芸術館(水戸、2018)「GIVE ME YESTERDAY」フォンダツィオーネ・プラダ・ミラノ(イタリア、2016年)など。2019年には、マーク・ウェストン率いるダンヒル、2020年春夏コレクションとのコラボレーション、またヴァージル・アブロー率いるルイ・ヴィトン、メンズ秋冬コレクション2019のキャンペーンイメージを手がける。主なコレクションに、サンフランシスコアジア美術館(アメリカ)など。2016年に写真集『Everything_1』、2020年に『Everything_2』がNewfaveより発行。