MIZUKI /ロングブーツと盆栽 (Long boots and Bonsai)

  • ¥36,000
    単価 あたり 

配送料の目安はこちら


アーティスト:MIZUKI

タイトル  :ロングブーツと盆栽 (Long boots and Bonsai)

制作年   :2020年

素材    :キャンバス紙にアクリル絵の具 (Acrylic on canvas paper ) 

サイズ   :31.0 × 21.0cm ( 額装前 )

エディション:一点物

額装    :あり

 

東京の街に自身の作品を合成し、架空のパブリックアートを再現したオンライン展示「PUBLIC EXHIBITION」からの 1 枚。
mizukipigmo.com/public-exhibition

 

その”非対称性”や”曲線”が美しいとされる生け花や盆栽を見た時、安心感を覚えるのは私だけだろうか。
長所と短所で構成された”アンバランスな人間性”と”曲線的な体”。現代人が常に感じる精神的かつ物質的な過不足感、同質化することの出来ない自身の無比さを肯定す るために、作者は生け花や盆栽をモチーフに扱う作品を近年制作している。

また有機物( 植物) と無機物( モノ) を組み合わせる作風は、作者が東京で生まれ育ち、コンクリートと 緑が共存する環境から影響を受けたものである。都市において自然とは人間の生活のためにデザインされた緑であり、手付かずの大自然はここには存在しない。 我々が草木や花を愛で、自宅で飾る文化もまた、自然を生活の中でデザインする行動である。 自然の隣には常に人工物が存在する社会が絵の中に現れている。

 

This is one of the works from the online exhibition "PUBLIC EXHIBITION" that reproduces fictitious public art by combining her art work and city scape of Tokyo. mizukipigmo.com/public-exhibition

Am I the only one who feels at ease when I see ikebana and bonsai, which are said to have beautiful asymmetry and curves?
An unbalanced personality composed of strengths and weaknesses. A body with curves.
In order to affirm the spiritual and material excess and deficiency that modern people always feel, and their uniqueness that cannot be homogenized, she uses ikebana and bonsai as motifs recently.

The style of combining organic (plants) and inorganic (materials) was made with influence by the environment in which she was born and raised in Tokyo and where concrete and green coexist. In the city, nature is green designed for human life, and untouched nature does not exist here.
The culture in which we love plants and flowers and decorate them at home is also an act of designing nature in our lives.The way green always lives next to artificial objects in society is seen in her style.

 

※作品は税込価格です。


アーティスト情報

MIZUKI

MIZUKI

1991 年東京都台東区出身。青山学院大学国際政治経済学部卒。

幼少より独学で絵を描き続け、2012 年より作家として活動を開始。東京を拠点に個展の開催 や壁画制作などを手掛ける他、語学力を活かし海外での作品展の開催や、海外から来日したアー ティストのサポートも行う。

MIZUKI is an artist / painter based in Tokyo.
Born in Taito-ku, Tokyo in 1991. Graduated Aoyama Gakuin University School of International Politics and Economics.
She has been self-taught since she was a child and started her carrer in 2012. She holds solo exhibitions in both Japan and overseas, creates murals and sometimes support
artist who come to Japan from abroad.

2017 年

・グループ展「Re:Edit 」参加(ニューヨーク Ouchi Gallery)
・個展「Square has edge」開催(ニューヨーク Bean&Bean)

2018 年
・香取慎吾主催のグループ展「NAKAMA de ART」に参加(帝国ホテルプラザ)

2019 年
・SHIBUYA ART AWARDS 2019 にて作品が入選
・渋谷芸術際 2019 内の入選展に作品を展示

2020 年
・MUSTARD HOTEL 渋谷にて個展「 BALANCE & CURVE」を開催
・TRUNK(HOTEL) presents Art in Isolation( グループ展 ) に参加

2021 年
・オンライン展示「PUBLIC EXHIBITION」を自身のウェブサイトにて公開
mizukipigmo.com/public-exhibition

 

WEBSITE  www.mizukipigmo.com
Insagram  @mizuki_pigmo