Ouma / Kurashiki (倉敷)

  • ¥48,400
    単価 あたり 

配送料の目安はこちら


アーティスト:Ouma(オーマ)

タイトル  :Kurashiki / 倉敷

制作年   :2021

素材    :アクリル、ペン、キャンバス

サイズ   :30.0cm×40.0cm×3.8cm

エディション:一点物

額装    :なし

 

倉敷で聞こえる音を思い出し、それを日本語に翻訳して倉敷で訪れた場所の色の上に乗せています

画面からは、とてもたくさんの音が聞こえているように感じますが、実際にその場所に行くととても静かなエリアです。静寂の中で耳をすまし、葉のこすれる音や風の音、虫が飛び立つ時の音など、現地で聞こえるであろう音を日本語に変換しています。音の記憶に日本語の笑い声を追加し、音からその場所を想像させる作品となっています。


※作品は税込価格です。

※箱代2200円を含みます。


アーティスト情報

Ouma(オーマ)

Ouma(オーマ)

Ouma(オーマ)

東京都出身、元獣医師。ある担当患者の死がきっかけで、
亡くなった子の絵を描いて家族に送るようになり、その数は100以上に。2011年2月に獣医師を辞めた直後に震災に遭い、器具や薬品を使わずに獣医師の仕事の本質である「ヒトの心の癒し」が全うできる方法はないかと考え始める。2013年に美術批評家、海上雅臣氏が主宰するUNAC TOKYOで行ったギャラリー内を画で覆う個展をきっかけにアート活動を本格化。体験と創造を鑑賞者と協働する創作者の不鮮明な作品を通じ、科学的知識も踏まえた新しい生命の定義を模索してきた。

 主な作品は、細胞のような小さな作品が増殖と喪失をつづけ、一つの巨大作品として成長し続けるオープンエンドプロジェクト「系統樹/Phylogenetic Tree」。複数の細胞膜のような紙作品を鑑賞者が破壊、結合することで不確実な形状を生み出し続ける「集合生命/Life Continuous」など。

 2016年よりSwatch Art Peace Hotel(上海)、ACCR - ODYSSEE ARTIST-IN-RESIDENCY PROGRAM 2018(フランス)、Danish Art Workshops(デンマーク)、Hongti Art Center(韓国)など世界13か所のアーティスト・イン・レジデンスプログラムに参加。世界各地を渡り歩いてきた経験をもとに、これまで考えてきた生命観を医療に結び付けた「社会治療」という概念を提唱。 ヨーゼフ・ボイスの「社会彫刻」を踏襲しながら、すべての人を社会という生命体を治療する医師に変え、社会から治療される患者にするという「社会とヒトとの関係性」の構築を思考している。アートプロジェクト「SORA」主宰。

 

ホームページ⇨https://oumavet.com/