武田陽介 / 061317

  • ¥247,500
    単価 あたり 

配送料の目安はこちら


アーティスト:武田陽介

タイトル  :061317

制作年   :2019年

素材    :LightJet print

サイズ   :40 × 50 cm(paper)

エディション:10

額装    :あり

※この作品には額装が付属されています。
 (silver stainless frame + UVカットアクリル)

※作品は税込価格です。

※お届けまで約3週間程度のお時間を頂戴しております。ご了承ください。

 

 

金(=永遠の象徴)と水面(=絶えず変化し続けるものの象徴)を対比的に捉えた、2013年に偶然撮影された1枚の写真をきっかけに制作を始めた作品シリーズ。武田は映像作品と写真作品を同時並行して手掛け、写真という瞬間の集合体としての映像、あるいはその逆としての写真という円環性を明らかにしている。ぬめりのある質感の水が妖しく蠢く一方で、たゆたう水面の光は儚く、ここにも武田作品ならではのアンビバレントな輝きを見出すことができる。

 

 

アーティストページはこちら


アーティスト情報

武田陽介

武田陽介

1982年、愛知県名古屋市生まれ。2005年同志社大学文学部哲学科卒業。
大学在学中より銀塩写真での制作活動を始める。フィルムや印画紙の生産中止など、従来の銀塩写真の制作が困難になる状況をきっかけに、デジタル写真へと移行。写真というメディウムに対する透徹した制作意識を湛えた作品を発表し続けている。主な個展「Ash without fire here」タカ・イシイギャラリー フォトグラフィー / フィルム(東京、2019年)、 「Arise」タカ・イシイギャラリー(東京、2016年)、 「Stay Gold」タカ・イシイギャラリー(東京、2014年)、「Stay Gold: Digital Flare」空蓮房 (東京、2014年)、「キャンセル」3331 GALLERY(東京、2012年)など。主な作品の収蔵先にサンフランシスコ近代美術館(サンフランシスコ)、スペイン銀行(マドリード)、カディスト美術財団(サンフランシスコ/パリ)などが挙げられる